エナジードリンクでリフレッシュ|ミラクルドリンクを愛飲

ウーマン

若い世代にも起こる病気

漢方薬

近年増えている症状

近年では、若年性更年期障害という病気が、20代・30代の世代で増加しています。この若年性更年期障害とは、閉経する年齢でないのに更年期障害の症状が出る状態のことです。そもそも更年期障害とは、閉経をはさんだ前後10年間くらいの時期に起こります。なので、50代以上の年配の方を中心に現れる病気です。しかし、過度なダイエットやストレス、睡眠不足で、エストロゲンが減少してしまいます。それで、若い人にも当たり前のように発症してしまうのです。若年性更年期障害の症状としては、ほてり、手足の冷え、意欲低下、頭痛などが有ります。また、訳もなく落ち込む、動悸、息切れ、たちくらみ、めまいなどもあります。生活に支障をきたすので、すぐに治療をしたほうが良いです。

効果のある治療法とは

若年性更年期障害の治療は、ほとんどの場合、ホルモン補充療法が行われます。この治療方法は、外部から減少した女性ホルモンを補充するものです。しかし、近年では漢方治療が有効だと注目されています。漢方薬で治療をするメリットは、全く副作用もなく安全なことです。その他にも、更年期障害の複数の症状に対して、きちんと効果を発揮することです。また、個々の患者の症状、体質も考慮するので、漢方薬が合う場合はよく効きます。更年期障害に効果のある漢方薬の代表的なものは、加味逍遥散があります。これは、不安を取り除いて気持ちを穏やかにする効果があります。また、頭痛やめまい、睡眠障害にも効果があります。それと、柴胡桂枝乾姜湯も気分の落ち込みに効果のある漢方薬です。

Copyright© 2016 エナジードリンクでリフレッシュ|ミラクルドリンクを愛飲 All Rights Reserved.